ノルバスク作用機序

ノルバスクは、高血圧症や狭心症の治療薬で、心臓など体の血管を広げて血流をよくし、血圧を下げてくれます。ノルバスクは降圧剤として多くの方に飲まれていて、世界的にも有名なお薬です。

ノルバスク作用機序

ノルバスクの特徴と効果効能

日本人の食生活の特徴として、塩分過多の食事をしている傾向があります。
そのせいか、高血圧症を持った人が多いのも事実です。
高血圧症は、現代日本では最も多く見られる生活習慣病で、4300万人が対象になっているとの推測があります。
高血圧症自覚症状がないことが多いですが、放置しておくと、脳卒中や心臓病、腎臓病など、重篤な疾患を引き起こす恐れがあります。
2015年より、厚生労働省においても、1日の塩分摂取量を男性8.0g未満、女性7.0g日未満と低めに変更いたしました。
食事の見直しにより、高血圧症の未然予防を図ろうというものです。
すでに高血圧症になってしまっている人は、減塩の食事はもちろんですが、治療薬の服用が必要です。
多くの高血圧治療薬がありますが、ノルバスクが非常に多くの人に飲まれています。
ノルバスクの大きな特徴は、効果が出てくるまでは比較的ゆっくりしています。
ある意味、すぐにでも血圧を下げたいというケースでは、向いていません。
ただ、効果が穏やかに効いてくるところから、副作用が非常に少ないという大きな安心感があります。
ノルバスクを服用して、約6時間で血中濃度が最も高くなり、そして、半減期は35時間ほどです。
つまり、マイルドに効果を発揮して、長く効能を維持できる特徴があるのです。
ですから、1日1回服用すれば大丈夫ですので、管理がしやすい薬でもあります。
ノルバスクが効果を発揮するメカニズムは、カルシウム拮抗薬の作用によるものです。
カルシウムが働くのを抑えることで、血管が収縮するのを防ぐ機能をするのです。
カルシウム拮抗薬が作用して、カルシウムが細胞内に入ることを阻止し、血管が広がりやすくなります。
それで、血液の流れが順調に行くのです。
副作用が少なく、安全性が高く、効果持続時間が長いというのが、ノルバスクの大きな特徴です。

■通販サイトの情報検索
あんしん通販薬局は、評判や口コミなどの情報が少ない会社