花粉症で肌荒れもひどい・・花粉皮膚炎はどんな肌状態になる?

花粉症の肌荒れ

花粉症といえばスギ花粉が舞う春ですが、現在はスギだけでなく、秋に花粉が飛ぶイネやよもぎ、ブタクサなどの花粉でもアレルギー症状が出てしまう人がいますね。

花粉は鼻や目の症状だけでなく、肌にも大きな影響を及ぼします

   

目の周りがカサカサしたり、ひどくなるとまぶたが赤く腫れてしまう人も。

かゆみを伴ったり、ポツポツと湿疹がでたり、むくみが出るのも特徴です。

   

花粉がまう時期である春と秋は気温の寒暖差が激しく肌は乾燥します。

しかも、夏ほどしっかり紫外線対策をしないことも乾燥を進めてしまう原因です。

   

肌が乾燥すると、肌内部の水分保持成分が抜け、細胞と細胞の間は隙間だらけに。

その隙間から花粉などの刺激物が入ってしまうと、肌の免疫細胞が肌を守るために攻撃を始めます。

これが炎症やかぶれの原因に。

   

そして刺激物質に対応するために肌の奥深くではどんどん新しい細胞が生み出されます。

でも急いで作られた細胞は未熟で、バリア機能も十分ではありません。

そこへまた花粉が入ってきてしまうとさらに悪化…。

   

花粉皮膚炎の原因は乾燥によるバリア機能の低下

まず保湿をすることが肝心です。

花粉症で肌荒れを引き起こしている人は刺激がなく保湿力が高いものを

花粉症の肌荒れは保湿が肝心

花粉皮膚炎を起こしている肌は乾燥していて、バリア機能が働いていません。

ですから少しの刺激が命取りにもなります。

良かれと思ってつけた化粧水がしみて使えないということもあります。

肌に刺激になるような成分が極力入っていない、敏感肌専用の化粧品を使いましょう。

   

ただ敏感肌専用化粧品でも、保湿がしっかりできるものでないと花粉皮膚炎の改善にはなりません。

   

肌の水分量を保ち、バリア機能を高めてくれるのはセラミドという成分。

セラミドが角質層の水分を挟み込み、なおかつ細胞と細胞をつなぎとめる役割を果たして、バリア機能をアップさせます。

セラミド配合の化粧品を推奨します。

   

と同時に、花粉症で鼻をかんだり、涙を拭いたりして肌をこする機会も多いですよね。

摩擦も最小限に抑えて、これ以上ひどくしないようにしましょう。

   

外出先から帰ったらすぐに洗顔をして花粉を落とすことも大切です。

花粉皮膚炎におすすめの化粧水はアヤナス!

花粉症時の肌荒れにおすすめアヤナス

花粉皮膚炎の時に安心して使える化粧品は限られていると思います。

とにかく刺激が少なく、保湿力が高いもの。

おすすめは「アヤナス」です。

   

低刺激処方

   

アヤナスはポーラ、オルビスグループの敏感肌、乾燥肌専用の化粧品です。

ポーラの研究所で原料から開発、生産していて、敏感肌でも安心して使用できるようにテストを何度も何度も繰り返しています。アトピー肌でも使えるほど低刺激

   

セラミド配合で保湿力に優れている

   

セラミド配合の化粧品は他にもありますが、アヤナスではセラミドの浸透力にこだわっています。

化粧水だけでもうるおいがいつまでも持続するということは、セラミドが肌内部でしっかり働いているから。

   

潤いを逃さない

   

オリジナル成分が肌の表面で水分や美容成分が蒸発していかないようにしてくれます。

浸透力とうるおい持続効果で、肌のバリア機能も徐々にアップ

   

   

ただ水分を補給すればいいから、化粧水は何でもいいわ、その後のクリームや乳液が重要よねと思っていた私。

アヤナストライアル

化粧水をつけてもすぐに乾いてしまうから慌てて乳液とクリームを重ねていましたが、水分は補給できていなかったということですよね。

水分はすぐに蒸発していただなんて…。

   

アヤナスの化粧水は時間がたっても乾かないんです。

花粉皮膚炎の方には強い味方ですよ。

   

トライアルもありますからぜひどうぞ。

花粉皮膚炎で肌がボロボロ…  敏感肌専用化粧水のアヤナス

花粉が舞う時期、鼻水が出たり、目が痒くなったりといった症状がでる花粉症。同時に肌荒れもひどくなってカサカサしたり、赤みを帯びたり、むくんでしまったり。その肌症状は花粉皮膚炎かもしれませんね。花粉皮膚炎の時は肌が乾燥していて敏感になっています。とてもデリケートな状態なので、低刺激で安心な化粧水でまずは十分な保湿を心がけましょう。

Copyright © 2014 花粉症の肌荒れは花粉皮膚炎?この化粧水で改善しましょう!· All Rights Reserved·